基礎代謝とは何?

基礎代謝というのは、人間が生きていくために、必ず必要となる活動に使われる最小のエネルギーのことを言います。

心臓の拍動や呼吸などは、人が意識していなくても体が勝手に行なってくれますよね。
生命活動を維持するためのエネルギー、それが基礎代謝です。
実は何もしていなくても、人の体は自動的にエネルギーを消費しているのです。

ダイエットを行なっていく上で、この基礎代謝という言葉は頻繁に聞くことがあると思います。
基礎代謝が高いということは、内臓の動きなどが活発なため、体が脂肪を燃焼しやすくなります。
逆に基礎代謝が低いと、体は脂肪を燃焼しにくいため、太りやすいと言われています。

つまり、ダイエットにチャレンジしても、基礎代謝が低いと痩せにくい上に、リバウンドしてしまう可能性が高くなります。
簡単に言えば、基礎代謝が高ければ、激しい運動をしなくても、体が勝手に脂肪を燃やしてくれ、太りにくくなるということです。

基礎代謝は、有酸素運動で心臓や肺を鍛え、筋トレなどで筋肉をつけることで、高められると言われています。
ダイエット中は、ウォーキングなどの有酸素運動と、腹筋や腕立て伏せなどの筋トレを上手く取り入れ、基礎代謝を高く保つようにしましょう。

続きを読む

ダイエットには運動が必要?

ダイエットと運動は切り離せないほど、非常に密接しています。
人間が脂肪を燃やすには筋肉が必要なので、運動することで筋力アップを目指すことは、理にかなっていると言えます。

食事制限するのが手っ取り早いと考えがちですが、食事を減らすと脂肪が減る前に筋肉が落ちてしまうので、リバウンドが起こりやすいのです。

食事を制限するのが完全に悪いということではありませんが、ある程度体を動かすことが必要となるということは覚えておきましょう。

ただ、いきなり無理な運動を始めたりしても、体がついてきませんし、なにより断念しがちだと思います。
ランニングやウォーキングをしても、三日坊主で終わってしまう方も少なくないと思います。

激しい運動は、その分だけカロリーの消費は多いですが、ダイエットをするには継続して行わないと意味がありませんよね。

なので、まずは小さなことから始めてみましょう。
普段電車通勤や通学をしている方は、利用する駅を1つずらして、歩く距離を増やしてみるとか、電車やバスを使わずに自転車で通うとか、つい利用しがちなエスカレーターを階段に変えてみるとか、マンションではエレベーターを使わないとか、本当に小さなことでいいのです。

ダイエットは継続してこそ効果が出てきますので、普段できることから自分の出来る範囲で、少しづつ変えてみてはいかがでしょうか?

続きを読む

カロリーについて学ぼう

人間の体は、食べた物からエネルギーを取り入れ、それを消費することで活動ができています。

何も食べなければ、体に蓄積された脂肪をエネルギーとして消費するので、確かに一時的には痩せることが可能ですが、それだと普通の生活に戻した時にリバウンドする可能性が非常に高くなります。
それに、食べたい物を食べられないのは、かなりストレスになりますよね。

一日に消費するカロリーと、取り入れるカロリーを計算することで、ダイエットを上手く行うことができます。
これを、カロリーコントロールと呼びます。
ただ、いちいち細かく食べた物が何キロカロリーかを計算するのって、面倒ですよね。

なので、だいたいで大丈夫です。
「こんなものかな?」くらいの気持ちでも構いません。
ダイエットだからと言って、必要以上にストイックになると、余計に疲れてしまいますよ。

最近では、カロリー表示がされている食品が多いので、摂取カロリーを意外と簡単にチェックできます。

また、インターネットでは、年齢や体重を入力すれば、一日に摂取する目標となるカロリーを教えてくれたり、その日の運動で消費したカロリーを教えてくれたりする便利なツールがありますので、ダイエット中はぜひ活用してください。カロリーコントロールをするなら、糖分ブロックサプリメントもおすすめです。
上手くカロリーコントロールを利用して、ダイエットして行きましょう。

続きを読む

隠れ肥満について

隠れ肥満という言葉、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
隠れ肥満というのは、未だに明確な定義はありませんが、見た目は細く見える、もしくは体重は標準的だけれど、実は体脂肪率が高く、学術的には肥満と分類されることを指します。

つまり、筋肉が少なく脂肪が多い方は、隠れ肥満である可能性が高いということです。
「私の体重は普通だし大丈夫」と考えている方でも、実は医学的には肥満なのかもしれませんよ?

この隠れ肥満では、手で触ってわかる皮下脂肪ではなく、内臓につく内臓脂肪が多く占めていることが多いようです。

この内臓脂肪は成人病の原因となると言われており、あまりに内臓脂肪が多いと心筋梗塞や高血圧、糖尿病、脳梗塞といった命の関わる病気になる可能性が高くなります。
これを聞いて、「ダイエットしなきゃ!」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

ダイエットというのは、しっかり筋肉をつけ、脂肪を減らすことが重要です。
特に内臓脂肪は、筋肉をつけることで体内から燃焼させていくものなので、外的な要因で減らすことは難しいようです。
ダイエットの第一歩として、まずは筋力アップから始めてみてはいかがでしょうか?

続きを読む

体脂肪と体脂肪率を知ろう

ダイエットを行う時に、気を配らなければならないのは体脂肪です。
体脂肪は、簡単に言うと、体に蓄えられているエネルギーの塊のことです。

体が活動に必要な分以上のエネルギーを摂取すると、緊急事態に備えてそのエネルギーを貯蓄しておくのですが、それが体脂肪です。

体脂肪というものは、内臓を保護したり、体の温度を保ってくれたりという働きをしてくれます。
生物が活動する上で必ず必要となってくるので、全てをなくしてしまうことは不可能であるということを覚えておいてください。

少なすぎても免疫力が低下するなど、健康には良くないですし、多すぎても生活習慣病の原因ともなってしまいます。
なので、ほどほどを保つ必要があるのですが、体脂肪がどれくらい体についているのか、気になりますよね。

それを数値化したのが、体脂肪率です。
体内での脂肪が占める割合を表し、年代ごとに適正な数値というのは違ってきます。

20代の女性だと、だいたい20~24%くらいが適正で、20代の男性は15~19%くらいが適正な体脂肪率となります(ただし、これは測定器の基準となるデータによって差が出てきます)。

最近では市販の体脂肪計や、体重計に体脂肪率を調べる機能がついたものも販売されているので、ぜひ活用してくださいね。

続きを読む

ダイエットはペースが大事

ダイエットを行なっていく上で、誰しもが気になるのはその期間だと思います。
よくサプリメントやダイエット食品の広告で、「1ヶ月で8kg痩せた!」「たった2週間で5kg減った!」などといった文句が並べ立てられているのを目にします。

確かに、短い期間での減量は嬉しいですし、長い間ダイエットをするというストレスを感じないかもしれません。
特に、食事制限や単食ダイエットは、短期間で体重を落とすことが可能です。

しかし、急激に体重を落とすと、リバウンドする可能性も高くなりますし、健康を損なう恐れもあります。
と言うのも、急な減量は体が危険だと考え、脂肪を蓄えようという風に働いてしまうからです。
その状態で普段の食事に戻してしまうと、あっという間に体重が元に戻ってしまいますよ。

無理なダイエットはせずに、できるだけ長期的にゆっくりと減量していくのがお勧めです。
ちなみに、人間が1ヶ月間で減量していいのは体重の5%までと言われているそうなので、参考にしてみてください。

ただ痩せればいいというわけではなく、減量後も体重をキープし続けて、初めてダイエット成功だと言えるでしょう。
焦らず、自分のペースを守って、楽しみながらダイエットを続けていけるようにしましょうね。

続きを読む

BMI指数について

将来的にどこまで減量したいのか、目標を設定するのも重要ですが、今現在の自分の状態を知ることも大切です。
自分がどれだけ太っているのか、もしくは太っていると思い込んでいるだけなのかなど、きちんと目に見える数値で知りたいものですよね。

そんな時は、自分の肥満度合いを知る数値、BMI指数を参考にしてください。
これは、『体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI指数』という式から導き出されます。
この数値によって、自分がどれくらい太っているのかがわかります。

18.4以下は痩せ型、18.5~24.9は適正、25以上は肥満となります(肥満は更に細かいレベルに分けられますが、ここでは省略させていただきます)。

例を挙げると、身長が165cmで、体重が60kgの方がいるとしましょう。
計算すると、『60÷1.65÷1.65=22.03・・・』となり、その方は適正のレベルに当てはまります。

もちろん、この数字が全てではないので、適正レベルでも、どうしても体型が気になる方はいらっしゃると思います。
そんな方は、痩せ型のレベル手前の数値を目標にするなど、出来る範囲で目標設定してみてはいかがでしょうか?

あまり無理な目標を設定するのではなく、具体的な数字を掲げると、ダイエットを続けていく励みにもなるでしょう。

続きを読む

適正な体重とは?

ダイエットを行うからには、目標となる体重を設定する必要があります。
「前の体重に戻したい」「○○号の服を着られるようになりたい」などと、最初から明確な目標があればいいのですが、漠然と「このままじゃマズイ!」と思い、ダイエットを決心する方もおられると思います。
そんな時に、目標体重を決める何か目安となる数値はあるのでしょうか?

ぜひ参考にしていただきたいのは、適正体重というものです(標準体重とも呼ばれます)。
これは、自分の身長に対してどれくらいの体重が適しているのか、健康的に日々の生活を送るのにベストだとされている体重のことを指します。

一般的に、適正体重を知る方程式は『身長(m)×身長(m)×22=適正体重(kg)』とされています。
例えば、身長が160cmの方だと、『1.6×1.6×22=56.32』となり、だいたい56kgくらいが適正体重ということです。

あくまでも目安ですので、人によって個人差があります。
適正体重の数字にこだわりすぎるのではなく、適正体重の前後1~2kgくらいまでを目安にするとわかりやすいかと思います。

続きを読む

そもそもダイエットって何?

ダイエットを始める前に、「ダイエットとは何か?」ということを知っておくことが大切です。ダイエットというのは、根本的な考えとして、体についた余分な脂肪を落とし、健康と美しさを追求するということがあります。

痩せることばかりに気を取られ、体調を崩してしまったり、肌荒れなどで見た目が不健康になってしまったりと、体に不調をきたしてしまうようなら本末転倒です。
体に負担をかけすぎないように、急激に減量するのは控えたほうがいいでしょう。

また、ダイエットのきちんとした方法をよくわからないまま、口コミで人気だから、勧められたから、といった理由で実践しても、効果が目に見えずに挫折してしまうことも少なくありません。

特に女性は、月経の周期で痩せやすい時期、痩せにくい時期があるので、上手く波に乗れないとなかなか効果を実感しにくいこともあります。

逆に言えば、その波にさえ乗ることが出来れば、より効果的なダイエットを続けていくことができるということです。
しっかりと痩せるメカニズムを理解し、その上で安全なダイエットを行なっていきましょう。

続きを読む

ダイエットについて

女性ならほとんどの方が、一度はダイエットの経験があるのではないでしょうか?誰しもモデルのような、スレンダーなナイスバディーには憧れますよね。

最近は特に細い方が多くて、ぽっちゃりさんは肩身の狭い思いをしていることでしょう。日本の現代では、『痩せている方が良い』という風潮がありますので、女性に限らず男性もスタイルを保つのに努力をしている方はいらっしゃいます。

もちろん好みによっては「少しくらいお肉がある方がいい」「むしろ痩せている人は嫌い」「体型は特に気にしない」などと、ぽっちゃりしている方には感涙モノの意見を持っている方もおられるでしょう。
しかし、やはりそのような考えをお持ちの方は少数派のようですね。

ダイエットは、意外と根気が必要ですよね。
何事も継続しなくては効果がないということでしょう。
ただ、ダイエットを決心したのはいいけど、三日坊主で終わってしまう方は結構多いはずです。

どうすれば継続してダイエットを続けていけるのか、またどんなダイエット方法があるのか、そもそもダイエットが必要な基準はあるのかなど、ダイエットにまつわるいろんな疑問や悩みを調べて行きましょう。

続きを読む